働く女性のキレイとワクワクを応援するやまぐちWebサイト アンジュ - Ange



TOPラクに楽しく賢い子を育てる方法|アンジュ >> カテゴリ:三つ子の魂百まで

ラクに楽しく賢い子を育てる方法|アンジュ
山口情報 ポータルサイト アンジュ

ラクに楽しく賢い子を育てる方法|アンジュAnge
三つ子の魂百まで

a

有名中学合格者の家を調査・研究されている方の本に、「頭のいい子は子ども部屋で勉強していないtoyoda01
事実が書かれています。

そう、私も全く同じ考えです!
実は我が家には「子ども部屋」はありませんicon10(だからって、子どもが有名中学というわけではありませんがicon10
家を建てたのは10年前、長男小1・次男年中・娘1歳の時でした。もうそのずっと前から「小学生の間は子ども部屋はいらない!」と考えていましたので、子ども部屋は作りませんでした。

一応、2階に3つ分の部屋ができるだけのスペースをとって、そこは「遊び広場」にしていました。中学生になったら、簡単な壁とドアをつけて4畳ほどの部屋にする予定でしたが、結局そのまま・・・・

じゃあ、どこで勉強して、どこで寝ていたか(いるか)?勉強は全員ダイニングテーブルでします。

小学低学年のときは、ダイニングルームに2つの勉強机がface08ありました。狭かったですね~icon47それでも勉強机では勉強しないで反対側のダイニングテーブルでしていました。みんなに(親に)背中を向けるのがイヤだったみたいですね。

受験生の長男、今でも家にいる間はダイニングテーブルで受験勉強をしていますよ。(この写真は去年の冬ですがicon10

寝るのは小学生の間は、「川の字(正確には5本川icon47)」で
寝ていました。

今は息子たちは全寮制の学校に行っていますので、長期休みのときだけ帰ってきます。その時には「元遊び広場」に仕切りカーテンを付けて寝ています。

娘はいまだに私と同じお布団で寝ています。(夏場は暑いっicon01)中学生になったら、4畳の狭い部屋を与えようと思っています。

そう、小学生の間は「ひとりで勉強」など出来るわけがないのです。それよりも「家族のコミュニケーション」「母親(父親)の励まし」が大切です。

ついでに言えば、学習机も必要ないと思います!もう来年の入学に備え、学習机を検討される新入生もいらっしゃると思いますが・・・
ただ、教科書やカバン置き場としての机か棚は必要ですね。

因みに息子二人の学習机で部屋の狭さに苦労したので(小学卒業と同時に欲しいという方に差し上げました。)
娘には私のライディングデスクを使わせています。

これならば、リビングに置いても違和感がないし、「教科書置き場」としての機能もばっちりですicon22

まだお子さんが赤ちゃんだったり、よちよち歩きだとそこまで考えないかもしれませんが、これからお引っ越しや新築をお考えのお母さま・お父様は「子ども部屋」のことを考えて計画を立ててくださいね♪

先日の記事で⇒☆
早速質問をいただきましたtoyoda06

「How~?」の質問をするって、いつからですか?」(赤ちゃんのお母さんより)


そうですよね~、赤ちゃんはしゃべれないし、質問なんか出来ないと思いますよね~toyoda12

でも、違うんです!そう、赤ちゃんの時が大切なんです♪

例えば、オムツを替えたとき、
「オムツがきれいになったね、気持ちいいね~face02」と
言っていませんか?
(もちろん、言わないよりは言ったほうが100万倍もいいのですがicon10

こう言ってみませんか?
「オムツがきれになったね、どんな気持ち?」

「そう、気持ちいいのface02。よかったね~」


そう、一人二役です!

赤ちゃんはお腹の中にいるときは、まさしく一心同体でしたねtoyoda09
だから、赤ちゃん時代はまだまだお母さんと一心同体に近い状態です。
お母さんは赤ちゃんに「How~?」の質問をしてあげて、そして、答えを代弁してあげましょうface02

赤ちゃんはちゃ~んと聞いていますよicon22
そして、質問の仕方・答え方、思考の仕方などずっと学んでいるのです♪

赤ちゃん時代から「How~?」の質問に慣れているとずっと頭を使う練習になりますから、脳への刺激も多くなりますよ!
今日から早速赤ちゃんへ「How~?」の質問をしてあげましょうface02

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。

普段の生活の中で、お子さんにどんな質問をしていますか?

「~は楽しかった?」
「~を食べる?」
「~で遊ぶ?」

・・・・これらの質問は、「自立心を育てる」質問としてはNGなのですicon10

「えっ?いつもしてる質問なのにどこがいけないの?」と思われたお母さん、ちょっと考えてみてくださいね。

これらの質問の共通点は、「YES、NO」で答えられる質問である・・・ということicon15
お子さんはラクですよね!深く考えずに「うん」「ううん」って答えればいいのですから・・・icon15

このまま中高生になれば、お母さんの質問に「ウザイtoyoda03
「ウルセーicon08

と答えるようになるのかも・・・・icon10

怖いですね~(笑)じゃあ、どういう風に質問すればいいのでしょうか?

「(学校・幼稚園)は、どうだった?」
「何を食べたい?」
「どうやって、遊ぼうか?」


こういう風に質問したら、「うん」「ううん」では答えられませんね!
自分で考えて、答えなければなりません。

中学校で習った英語の
「How~?」
「What~?」

の質問ですねface02

なるべく「Do~?」な質問をしないことtoyoda01
ここがポイントです♪

因みに我が家の中高生(息子たち)
決して「ウザイtoyoda03」「ウルセーicon08」とは言いませんよ!

気に入らないときは、論理的に食って掛かりますicon09
それはそれで「ウザイ」ですが・・・icon47

その言葉にもひとつひとつ冷静に反論をして(←ココ大事!)黙らせてしまう母ですicon22

思春期の反抗期対策は実は赤ちゃんのときから始まっているのですtoyoda01今日から意識してみてくださいねface02

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。

お子さんが3歳過ぎるとだんだん自我や好き嫌いが出てきますね。

お子さんが「○○が欲しい~icon21」と言い出したら、どうしますか?

例えば、「おやつが食べたい!」と言ったとき、「アメがいい?チョコレートがいい?」とついつい言ってしまいがち・・・

でもこれでは、お子さんに「何か欲しいものは、すぐ手に入るんだicon22」という刷り込みをするようなものicon15

アメがゲームになり、携帯電話になり、オートバイになり・・・・きりがありませんね。

「アメ1個だけでいい?それとも、がんばってお手伝いをしてケーキを作ろうか?」と言ってみてはどうでしょう?
これなら、「がんばらなければアメ1個icon15 でもお手伝いがんばったらケーキicon14」という刷り込みになります。

もちろん、お母様が忙しかったり、ケーキ作りが苦手だったら「手作りケーキ」じゃなくてもいいのです。
要は、「がんばればがんばっただけ、大きなご褒美があるicon06」ということを小さいときに体で(舌で?)覚えさせればいいのです。小さいときに(園児さんのころ)これをしておくと、大きくなってからが楽ですよface02

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

a
現代はグルメブームicon28私たちの食べるものは「高カロリー」=美味しいけど健康によくないicon10というイメージがありますよね。

では、おもちゃはどうでしょうか?「え、おもちゃにも高カロリーと低カロリーがあるの?face08」とお思いでしょうが、先日の朝日新聞でこんな記事を見つけました!

「高カロリーのおもちゃ」とは、スイッチ一つで動いたり、音が大きかったりする刺激の強いもの。ハイテクオモチャ。
「低カロリーのおもちゃ」とは、「自分から攻め込まないと楽しめない」「人とのコミュニケーションにつながる」おもちゃ。自分の手で動かすもの。だそうですよtoyoda01

これって、私がお話している「生産のおもちゃ」「消費のおもちゃ」と同じ考え方ですねicon22こういう言い方もあるんだな~と勉強になりました!face02

どちらがいいかは、お分かりですよね!もちろん「低カロリーのおもちゃ」ですtoyoda01ただし、「高カロリーのおもちゃ」は全くダメなわけではなく、「低カロリーのおもちゃは主食」「高カロリーのおもちゃはおやつ」と考えればいいそうですface02

いずれにしても一番大切なのは、子どもがおもちゃを動かし終わってこちらをみたときは、必ず視線を交わすことだそう。子どもが親を見ていても、親はケータイに夢中だったりするとダメだそうですよicon15
子どもが遊んでいるときに親が見守る時間は、親にすれば無駄な時間のように思えます。「ちょっと、メールのチェックでも・・・」と思ってしまいますが、グっと我慢しましょうねicon47

我が家ではおもちゃといえば「積み木」です。その他のおもちゃは買ったことがありませんface02だから子供たちはおもちゃ屋さんに行ったこともありませんicon10
本当に「ダイエットおもちゃ」で育ってきた子供たち。低カロリーおもちゃだからこそ、想像力・創造力が育つのです!

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

a
高校物理(だったかな?)で「エネルギー保存の法則」って習いましたよね?ウン十年も昔の話で、うろ覚えですがicon10
『ある閉じた系の中のエネルギーの総量は変化しない』というヤツです。高校生だった私は妙に納得した覚えがあります。。。。

今、子育てをしてみて、子育てにもこの『エネルギー保存の法則』は当てはまっているな~と感じています。

子育てのエネルギーとは
☆☆楽しさ
☆☆疲れ
☆☆充実感
☆☆怒り・・・・・などですね。つまり「子育ての喜怒哀楽」


そして、「子育ての喜怒哀楽」を構成するのが
☆体を使う
☆頭を使う
☆時間を使う・・・・メンドクサイ系

☆動力(電気・電池・エンジン・PCなど)を使う
☆他人を使う
☆お金を使う・・・・ラクチン系

子育てではやっぱり、楽しさや充実感を大きくしたいですよね。その時にはエネルギーがたくさん必要です。

そのエネルギーは「メンドクサイ系」でも「ラクチン系」でもトータルは同じですが、「子どもの成長」にとって有効かどうかは、正反対ですtoyoda01

「ラクチン系」のエネルギーは「消費」をするばかりで、「消極的・受身的」な人間になってしまいます。

「メンドクサイ系」のエネルギーは「生産」をしますから「積極的・活動的」な人間に育ちます!

同じ「楽しい育児」をしたとしても、エネルギーの種類によって結果が大きく違ってきます。

もし今まで「子育てのエネルギー」についてあまり考えたことがないとおっしゃるパパ・ママがいらしたら、この際、ちょっと考えてみてくださいね。「今日は○○をしようicon22」と計画するときに
そのエネルギーが「メンドクサイ系」かどうか、チェックしてくださいね!

あ、エネルギーって子どものじゃないですよ♫
「親の使うエネルギー」ですicon47

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。

a
「やる気のある子に育てたい」「ウチの子やる気がなくって・・・」
よく、お母様方から聞く言葉です。

では、「やる気」って何でしょう?「前向きに」「一生懸命に」「ポジティブに」といいイメージがありますねicon22
それでは、「やる気」が出るモトを考えたことがありますか?「やる気」に2種類あることをご存知でしょうか?

「やる気」は2種類あります。まず1つ目は「内なるやる気」icon21言い換えると「内側からあふれ出るやる気」です。
「僕はサッカーが好きicon22」「工作が好きicon22」な子供は本当に集中して取り組みます。この「やる気」はスゴイですtoyoda01これを伸ばしてやると子供はぐんぐん伸びます。

もう1つは「外向きのやる気」icon09言い換えると「周りに認められたいやる気」です。
「お母さんに褒めてもらうため」「ご褒美をもらうため」のやる気は、瞬発力がありますからものすごく「やる気」があるように見えますが、「思ったように褒めてもらえなかった」「一度ご褒美をもらってしまった」ら、一瞬にして萎えてしまいますicon15この「外向きのやる気」を持続させるためには「過剰な褒め言葉」「エスカレートするご褒美」が必要になり、必ず破綻しますface07

親が「やる気」を見誤ると、子どもの成長の後々まで影響することになります。一瞬はどちらも「やる気」があるように見えますから安心してしまいますが、のちのち大きな差がでます。
子どもが大きくなって「小さい頃はあんなにやる気があったのに、どうしてこうなっちゃったのかしらface07」とならないように、「内なるやる気」をのばしてあげましょう。
 そのためには、「子供の集中をジャマしない」ことが肝心ですicon22お絵かきでも積み木遊びでも子供が集中していたら、声をかけず見守りましょう。そして子供がママを振り向いた瞬間には笑顔で「よくがんばってるねface02」とがんばりを褒めましょう♪(ただし、テレビゲームは除きますよicon10

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

a
子育てって、お金がかかりますよね~

でも、本当にそうでしょうか?確かに、高校生以上になると「学費」がかかりますので、タイヘンですicon10(実感face07

でもそれまでは、かかりませんよ♫・・・そんなことを言うと「賢い子にしようと思ったら、いろいろかかるんですっtoyoda03」と叱られてしまいそうですねicon47
ではちょっと具体的に見てみましょうか。「お金がかかる>お金がかからない」という式で考えると・・・
例えば、 紙おむつ>布オムツ
      粉ミルク>母乳
      ベビーフード>手作り離乳食
      ブランドベビー服>フリーマーケット
赤ちゃん時代だけで、こんなにも違いますface02

家族で一緒にお出かけするようになったら、もっともっと違ってきます!
      遊園地>公園
      旅行>キャンプ
      ショッピングセンター>家庭菜園

よ~く考えると、お金を使う≠良い子に育つ必ずしもお金を使うことが「良い子を育てる」ことにはならないのです。むしろ、「お金を使う」ことで、親がラクをしようとしているのでは???

親子で体を使い、頭を使って生活すれば、子供の脳はどんどん成長します因みに我が家は、上の例ではほとんど右側(お金がかからない方)です。
ただ一つ、「音楽」だけは私が音痴でリズム感がないので、ダメですface07おまけに音楽教室にも通わせてないので、子供たちもicon15icon15でも、「ま、仕方ないか」と諦めてますicon47

お子さんが小さいうちは、パパとママが体と頭と時間を使って育てましょう♫そしてせっせと貯金toyoda15来るべき高校生からの学費に備えてicon21(これは本当に実感ですicon10

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)


赤ちゃんや幼児って、いっときもじっとしていませんよね~icon01いつもごそごそきょろきょろ。。。。
目新しいものがあれば触るし(下手すれば壊すしicon10)触って欲しくないものほど触りたがりますね。どうしてなのでしょうね~?

人間の脳は、6歳までに約90%が出来上がります。だから乳幼児期には脳が発達しまくりtoyoda02なのです。

脳が発達するためには何が必要なのでしょうか?もちろん、栄養や酸素も大切です。そして、「感覚の信号」によって、脳のシステムが作られます!

感覚の信号?感覚とは、見たり、聞いたり、においを嗅いだり、味わったり、触ったり、の五感のことです。
そう、赤ちゃんが何でもなめたり、触ったりするのは、脳が発達している証拠なのです!

そして走ったり、跳んだり、回ったり、ハイハイしたり、の運動は、姿勢やバランス・力の出し方など身体能力をつちかっているのです!

だから、
☆ずっと抱っこされている赤ちゃん
☆長時間のドライブでずっとベビーシート
☆目覚めているのに布団をかけたまま
☆ベビーチェアーに座ったままテレビやビデオ
 (身体感覚と視覚感覚がかみ合わない)
☆厚着をして手足が自由に動かせない


親にとってはじっとしていてくれてラクですが、その間は「脳が栄養失調かも?」と思ってくださいね。

ハイハイやよちよち歩きの赤ちゃんは引き出しを開けて中のものをぶちまけたりしますが、だからといって引き出しが開かないようにロックしてしまったら、脳の発達を邪魔していると思ってくださいね。

「親である自分がラクをするか」「赤ちゃんの脳の発達を優先するか」を天秤にかけたら、おのずから答えは出てきますね♪

赤ちゃんや幼児の我が子がイタズラを始めたら、「ダメ~toyoda03」と言う前に、「よしよし、脳が発達しているのねicon22」と思って、グッと我慢しましょう。
「いけないこと」と思うとイライラしますがtoyoda03、「脳の発達のために必要なこと」と思えば、一瞬にしてイタズラじゃなくなりますよねface02

大丈夫、ずっと続くわけではありませんよ♪

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。


可愛い赤ちゃんだった我が子も、ハイハイからよちよち歩きにicon24
言葉も出てくるようになると、しっかり者のお母さんほど「ちゃんと育てなくちゃicon10」とがんばってしまいますよね。

「以前に比べて成長したからもうお兄ちゃん(お姉ちゃん)」と思うとついつい期待するハードルも高くなりがち・・・・

「もう○歳なんだから、これくらい出来るでしょうicon08
「自分で考えてやりなさいtoyoda03」となりがち・・・

でも、幼稚園さんくらいだと、体はずいぶん成長したと思っても中身はまだまだ甘えたい幼児です。

子どもはお母さんの期待に応えたくて、がんばってしまうのです。でも、いつもいつも背伸びをしていると、どこかでほころびが出てしまいます。

心当たりのあるお母さん、「我が子を早くリッパに育てよう」と思い詰めないで「可愛い我が子を思いっきり可愛がってあげようicon06」とゆったり考えてくださいね。

幼児期に思いっきり甘えて満足した子は、思春期になるとさなぎが蝶に変身するように自立していきます♪
(ハラハラ見守りながら育てた次男、先日(というか去年)まさしくさなぎから蝶になりましたicon22

反対に甘え足りない子どもは、思春期にそのしわ寄せがくることもicon15

現代は、何事も「早く・大きく・効率的に」がもてはやされる時代。でも子育ては、「ゆっくり・こじんまり・のんびり」育てた方が子どももお母さんも幸せなのですicon06

どうか、今しかない「子育て期」ゆっくり・こじんまり・のんびり育ててくださいね♪

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。


あなたの可愛い可愛い赤ちゃん、小中学生になって「ウザイtoyoda03」「キモイicon08なんて言い出したらどうしますtoyoda02

「まさか、ウチの子がそんな言葉を使うわけないですっtoyoda03」とお思いですか?

現実問題として、今の小中学生は何の疑問もなく「ウザイ」「キモイ」って使っていますicon15本当はそんな日本語はないのですけどねicon10

「言葉づかい」って、その人の「心の形」を表わすと思います。とげとげしい心を持っていたら、言葉もとげとげしく荒々しいものになりますし、ま~るい心の人は、言葉づかいもやさしいものになります。

子どもの「心の形」は、家庭で作るものです。温かい家庭だと、心も丸くなりますね。

子どもの「言葉」も、家庭で作るものですね。家族がやさしい言葉を使っていたら、子どもも自然と優しい言葉づかいになりますよ。

「子どもに話しかけるときだけ」ではなくて「お父さんとお母さんが話しているとき」や「お母さんが他の人と話しているとき」の言葉づかいも子どもたちはちゃんと聞いています。(たとえ赤ちゃんだって!)

赤ちゃんはしゃべれないから、聞こえてないと思ってついついパパとママが話すときに愚痴になったり、悪口になったりしていませんか?赤ちゃんはちゃんと聞いていますよtoyoda01

お母さんがお父さんに話しかけるときに、「プチ敬語」を使ってみませんか?
「その本取って!」ではなくて「その本取ってもらえますか?」「その本取ってもらえる?」
「コレ、オイシイじゃん!」ではなくて「コレ、美味しいね」

家庭の中で「~でございますね」とはなかなか使えませんが、少しだけ敬意を込めると、「プチ敬語」になります。
そして、しゃべるスピードを少しだけゆっくりに。これは言葉が優雅になるためにとても大切なこと。早口では決して優雅な言葉は出てきません。意識してゆっくりしゃべってみませんか?その方が、お子さんも聞きやすいのです。

ちなみに私はケンカ(というか、怒った)の時には「超敬語」になりますicon47
「どうしてそんなことをなさるのですかtoyoda03
「それが許されるとお思いですかtoyoda02
・・・結構迫力ありますし、効きますよicon47

我が子たちですが、家の中では「キモイ」「ウザイ」などの流行語(?)は決して使いません。外(学校)で使っているかどうかはわかりませんが、使っていい時(人)と使ってはいけない時(人)の区別ができていればいいのではないかと思います。
子どもは順応性が高いので、訓練すればちゃんとできるようになりますよ♪

小さいお子さんが幼稚園や保育園に通うようになると、お友達から悪い言葉を習って来たりしますよね。(バカ、アホ など)
そんな時には「お母さんはそんな言葉を○○ちゃんから聞きたくないのでお家では使わないでね。」と言ってみましょう。
「そんな悪い言葉は使ってはダメ!」と頭ごなしに言うよりも「これは悪い言葉なんだな」ということが、心にストンと落ちるようです。

いくらちゃんとした言葉を使いたくてもお友達の中であまりにも浮いてしまったら人間関係が上手くできませんので、そのあたりの兼ね合いが難しいところです。でも、子どもは本当に順応性が高いので、大丈夫ですよ!

今日ご主人が帰られたら、「おかえり~」ではなくて
「おかえりなさ~いicon06と言ってあげましょうね♪

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)


今日はずいぶんと過激なタイトルになりましたicon10
でもこれ、私が考えたわけじゃなく、『「メディア漬け」で壊れる子どもたち 清川輝基・内海裕美 共著 少年写真新聞社』
からの引用です。

何が「人体実験」なのでしょうか?
それは、「乳幼児から高校生まで、今や日本の子どもたちは、自由になる時間のほとんどを、室内で、言葉を発することもなく、孤独に電子メディアと向き合って過ごすようになりました。まさに人類史上かつてなかった「人体実験」です。」(同本 18頁より)

ここで言う「電子メディア」とは、TV・ケータイ・携帯ゲーム・DVD・ビデオ・パソコン・テレビゲームなどです。

じゃあ、これらの電子メディアを使うことのどこが「人体実験」なのでしょう?

この表は2004年に調査された日本の小中学生のメディア接触の時間です。

「日本の子供の半数が平日でも4時間以上、4分の1の小中学生が平日でも6時間以上のメディア接触をしています。そして休日となるとメディア接触時間は平日の2倍から3倍に増えていきます。」(同本 9頁より)

日本の子供のメディア接触は世界一長いそうですtoyoda01
その結果どうなったか・・・・・?
これに関しては、「メディアの影響」だけとは断言できませんから、「結果」とは言えませんが、2007年にユニセフが24か国の15歳の子どもを対象にした調査で「自分が孤独である」と感じている子どもは日本が29.8%と群を抜いて多く1位、「自分を厄介者、場違いな存在」と感じている子どもも18.1%で1位だったそうです。

また最近、乳幼児であやしても笑わない赤ちゃん、親と視線を合わせない赤ちゃん、テレビを見ていると機嫌がいいが消すと泣き出す赤ちゃん、こんなお子さんが増えているそうです。

「ウチはまだ赤ちゃんだからテレビを見せてないし、大丈夫icon22」そう思っているママさんは多いでしょう。でも、ちょっと考えてくださいねicon23

おっぱい(ミルク)タイムにテレビはついていませんか?
おっぱい(ミルク)タイムにケータイやメールをしていませんか?

子供に見せなくても、テレビやケータイがついていれば、子どもは必ず見ています!(だって、魅力的ですものicon12

今の時代、「親までメディアなし生活」はムズカシイでしょうicon10だからせめて、「食事中(おっぱいタイム)だけでもテレビやケータイは消しませんか?」

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

昨年、第2子をご出産なさったお母さまよりご質問をいただきました。

「上の女の子(2歳)が、弟が今年生まれてから、赤ちゃん返りをして困っています。生まれた当初こそ、お利口なお姉ちゃんになって安心していたのですが、最近になってわがままを言ったり、ぐずったりして困ります。どうしたらよいのでしょうか?」

お姉ちゃんの気持ちを想像すると・・・・
お母さんのお腹が大きくなったときには、可愛い赤ちゃんが生まれること、自分がお姉ちゃんになることが嬉しかったと思いますね♪でもこのときには、赤ちゃんってお人形さんみたいなものと思ってたハズ・・・
現実に生まれてみたら、可愛いんだけれども泣いても、笑っても、おしっこをしても
お母さんを一人占めしてるっtoyoda01
私だけのお母さんだったのに、私の方を向いてくれる時間は半分になっちゃったicon10

こんな、さびしい、悔しい気持があるのかもしれないですね。お母様もそれまで、育てやすいお利口さんだったお子さんが急にわがままになって戸惑っていらっしゃるようicon10

私の経験談ですが、第2子(次男)が生まれた時には「赤ちゃん返り」のことも勉強していましたので、上の子に特別に目をかけてやったので赤ちゃん返りはほとんどありませんでした!

でも、第3子が生まれた時は、長男・次男は幼稚園生さすがに次男に特別に目をかけてやる余裕はありませんでしたface07
見事に(?)赤ちゃん返りをして困らせてくれましたicon47

その時には、赤ちゃんが泣いても知らんぷりして次男に「ママは○○くんがイチバン好きicon06赤ちゃんなんか泣いたっていいよね。○○くんと遊ぼicon12」と次男を優先しました。

泣きわめく第3子icon11
しばらくすると、次男の方から「ママ、○ちゃんを抱っこしてあげて、かわいそうだからicon12」と言ってくれましたよ。

今だから言えるのですが、赤ちゃん返りはお子さんの「お母さん、私(ボク)を見てtoyoda01」のサイン、「もっとしっかりしなさいtoyoda03」と叱るより、その分、しっかり抱っこしてあげてください。

お母さん、どうか上のお姉ちゃんをよく見てあげてくださいね。
ただし、現実問題として子供が2人(3人、4人・・・)になると一人一人にかける時間は短くなるもの。「赤ちゃん返り」も仕方がないことだと思います。でも、お子さんにとっては「人生初めての試練」は成長のための勉強icon21悪いことではないと思います。
お母さんが「上の子に申し訳ないicon10」と思っていると、ますますヒドクなるように思います。
もし、上のお子さんが赤ちゃん返りをしたら、「心が成長しているんだなface02」と思ってあげてくださいね!

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)



お子さんが生まれたら、「あの習い事をやらせたい♪」「スポーツも何か一つ!」「このお稽古もイイかも!?」と習い事は増えるばかりですね。

でも、ちょっと考えてみてくださいね。どんな習い事にもメリットとデメリットがあります。

メリットは、それぞれですね。「頭が良くなる」「芸術にふれる」「スポーツに親しむ」・・・・すばらしいことですね♪

では、デメリットは?
これは、習い事のチラシにもパンフレットにも載っていませんよicon47

私の考えるデメリットは、「決まった時間に決まった場所に連れていかなくてはならないこと」です。

例えば、お子さんが積み木で集中して遊んでいるとき、習い事の時間が近づいてきたらどうしますか?
「もう、時間だから、習い事に行こうね」と集中を中断させることになりませんか?

習い事のメリットはパンフレットにも書いてありますし、説明会などでも十分説明を受けるハズicon22
でもデメリットは誰も言ってくれませんicon10お母さんが自分で考えるしかないのです。
良かれと思って始める習い事ですが、足元にはこんな危険があるのです。そんなことも考え合わせて習い事をするかしないか、
始める時期を慎重に決めてあげてくださいね!

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

少し前までは「男の子は男らしく」「女の子は女らしく」育てることが当たり前でした。

今は、「男女平等」の育て方が多いでしょうか?

もちろん、各ご家庭の教育方針がありますから、どう育てなくてはいけない!という決まりはありませんが、「男の子と女の子の違い」を知っていると、案外子育てがスムーズにいくかもしれませんねicon12

子どもは3歳までは、性差(男女の違い)はないそうでです。でも、周りの大人たちが子どもにかける「期待」が性差の要因になります。

女の子には"可憐な名前"男の子には"勇敢な名前"が多いですよね。命名のときから親の「期待」が始まっているのです。

子ども自身が自分の性を自覚するのが3歳前後。このころには、男の子は父親の真似を、女の子は母親の真似をするようになります。

子どもは同性の親をモデルに成長していくので、親の行動が「男らしく・女らしく」「男女平等」のキーポイントになりますicon12

でも一番大切なのは、「人間としての成長」を見守ること。男らしさ・女らしさの前に、「その子らしさ」がイチバン大事ですね♪
明日は、男の子・女の子の違いを脳の成長からみてみることにしましょうね♪

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。


先日、小学校の絵本の読み聞かせボランティアのママさんたちとクリスマス会をしましたicon12
絵本や子供の教育のことなど話は盛り上がりましたface02

その時に、「忘れ物」の話が出ました。
あるママさんが「子どもが幼稚園のときお弁当のふりかけを子どもが忘れて行ったとき、幼稚園まで持っていったicon16」と話されました!
そうしたら間髪入れずもう一人のママさんも「私もっicon22」と言われたのです。

私は雷に打たれたようなショックを受けましたicon05
私の中には「忘れ物を幼稚園(学校)に届けに行くtoyoda04」という考えがなかったからですicon10

モチロン、我が子たちが忘れ物をしたことがないという意味ではありませんicon10
幼稚園の最初から「忘れ物をしたら自己責任だから自分で何とかする」のが普通だと教えてきたので、忘れ物をしたら先生に叱られるか、お友達に借りるか、兄弟に借りに行く(これはよくあったらしいicon10)という風に自分で対処してきたからです。

そのお母さん曰く「子どもが楽しみに選んだ『ポケモンのふりかけ』がいざお弁当の時間になかったら可哀想だからface06」ということでした。

「ナルホドな~face06」と納得しましたtoyoda01
そのお母さんのお子さんたちはきっと、「お母さんが届けてくれた『ポケモンのふりかけ』」をありがたく噛みしめてお弁当を食べたことでしょう。

どちらがいいのでしょう?
私はどちらもアリだと思います。ふりかけを届けてもらったお子さんは「母の優しさ」を強く感じるでしょうし、届けてもらえないお子さんはお弁当の時には寂しい思いをしながら「次は絶対に忘れないicon21」と心に誓うでしょう。

たかがふりかけですが、その子の心の根底に残って『その子の生き方』を左右することになるかもしれませんね。
あなたは子どもが忘れたふりかけを届けますか?届けませんか?

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

今から子育てを始める親ならば誰でも
「自立した子どもに育てたい」
と思いますよねicon24

では、自立した子ども(大人)ってどうやって???

もちろん、生まれたての赤ちゃんに
「自立しなさいっ!」って言ったって無理ですよね~face03
でも、何ヶ月か経って赤ちゃんが寝返りの練習を始めるとついつい手伝ってしまうものですよね。(子育て経験のある方はお分かりですよね!)
赤ちゃんの足を持ってあげてゴロン♪

でも待ってicon23

それって、「自立の邪魔」をしてることになりませんか?
赤ちゃんは、「自分で寝返りできた」って勘違いしてしまします・・・・・

初めてのお座りtoyoda06今にも倒れそうな赤ちゃんにそっと手を添えたりしますよね。


でも待ってicon23

それって、「自立の邪魔」をしていることになりませんか?赤ちゃんは、「自分でお座りしている!」って、勘違いしてしまいます・・・・

そんな時、「自立した子ども」に育てるためにはどうしたらいいのでしょう?

お座りした赤ちゃんの周りに危険なもの(おもちゃや家具など)がないかすばやく確認します。

赤ちゃんが倒れたときに危険なものがないようなら、倒れるのを待ちます!
(お座りの最初はすぐに倒れてしまいますよね♪)
倒れ始めたらすばやく、頭が落ちるであろう床に手(または足)をおいて、床に頭を打ち付けるのを防いでやります。

「倒れないよう支える」icon15のではなく、
「倒れたとき怪我をしないよう保護する」icon14のです。

これならば赤ちゃんは「倒れる」という失敗経験をします。
失敗をしたら、人間ですものちゃんと考えて次は失敗しないよう学習しますicon22

初めてのあんよも然り、
初めての滑り台も然り、です。

なんでも失敗しないように先回りして支えてやることは簡単ですが、それでは赤ちゃん(子ども)は「自分でできた」と勘違いしてしまいます。

「見守る」って、ハラハラするし、忍耐がいることですが、赤ちゃんの時からこれをするとしないでは、子ども(大人)になったときの「自立度」がまったく変わってきます!

毎日の何気ない仕草、「自立」と考えて、見守ってあげましょう♪

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)

誰だって、子育てが楽チンだったらいいな~って思いますよね♪
・・・もちろん、私も思いますicon22

そして、楽チンな子育てをしてきましたicon06
(まだ子育ての途中ですが・・・)

じゃあ、「楽チン」ってどんなことでしょう・・・?
☆テレビに子守をさせること?
☆インスタント食品で食事をすませること?

それは、本当の楽チンじゃあないですよねicon15
だって、小中学生になって、「テレビばかり見て勉強をしないtoyoda03」ってお母さんを怒らせるようになっても、仕方ないですよね~
栄養が偏って、切れやすい子になってしまっても仕方ないですよね~

そんな「短絡的な楽チン」は、結局後になって大きなツケを払わされますicon09

それよりも、最初にちょっとだけがんばっておけば、後はラクラク楽しい子育てになる、
そんな「長い目で見た楽チン」子育てはいかがでしょう?

"子育てアドバイス楽賢"では、
そんな「長い目で見た楽チン」子育てのアドバイスをしたいと思います♪

だって、せっかく授かった可愛い子どもですもの、
「ラクに楽しく賢い子ども」に育てたいじゃあありませんかface05

子育ては、生まれたその日から始まります!
「勉強は小学生になってから」
「しつけは大きくなってから」
とのんびり構えていると、後になってあたふたしてしまいます。

それよりも、最初にちょっとガンバって、後はラクラク子育てをしましょうicon06

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)
心の財布♫
【三つ子の魂百まで】

私たちはみんな、心に財布を持っていますtoyoda15



財布にお金がたくさん入っていると、心に余裕ができますよね (^0^)¥
反対に、お金が少ないと、心がとげとげしくなったり・・・・face09

心のお財布も同じですtoyoda15
楽しいことがあるとお金が増え、
優しい言葉をかけてもらったらまた増えます。

反対に、悲しいことがあるとお金が減り、
悔しさにも減っていきます。

そして、大人でも大きなお財布を持っている人もいれば
小さい財布しか持っていない人もいます。

心の財布も同じですtoyoda15
心に大きなお財布を持っている人は、
他の人に優しくなれますが、
小さい財布しかない人は、
自分のことで精一杯icon10

では心の財布の大きさって、いつ決まるのでしょうね?
私は「3歳までに心のお財布の大きさが決まる」と思っています。
そのお財布を作るのは、お母さん、あなたです♪

赤ちゃんが生まれて、3歳になるまでに、
「可愛いね♪」
「楽しいね♪」
「大好きよ♪」という、愛情いっぱいの言葉や、

「抱っこ♪」
「おんぶ♪」
「ほっぺをすりすり」
「手をつなぐ」などの、スキンシップを
たくさん、たくさんしてあげてくださいね!

そうすると、お子さんの心に大きな財布ができあがりますtoyoda15toyoda15toyoda15


反対に、まだ3歳にもならない子に
感情的にガミガミ起こっていると、
せっかく出来かかった財布も小さくなってしまいますicon15

お母さんの目には、お子さんの小さな胸の中のお財布が見えていますか・・・・?


"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)
何か重大なコト☆
【出来る脳は3歳まで】

昨日の続きをもう少し・・・・昨日の記事はコチラ☆
 ハーバード大学の科学者たちは、次のことをあきらかにしました。
子どもの知能の差は、2歳ぐらいになると、もうはっきりしてくるものですが、
「9ヶ月から10ヶ月の子では、能力の差はほとんどなく、
 10ヶ月から1年6ヶ月の間で、なにか重大なことがおこり、
 それによって、将来の知能の発育がきまってくる」のです。
(以下略)

(「ニキーチンの知育遊び」 訳 匹田軍次)

この箇所を読んだときに、身が引き締まる思いがしましたicon21
読まなければ、そのまま何となく過ぎていっただろう
10ヶ月~1歳6ヶ月を、
読んでしまったばかりに、ものすごく気をつけて過ごしたことを
昨日のことのように覚えています。

あまりリアルに書きすぎて、現在子育て中のお母様方を
不安にさせてはいけませんので、この辺りにしておきますicon10

「もっと知りたい!勉強したい!」方は、
本を読んでみてくださいね♪



"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)
私のバイブル☆
【三つ子の魂百まで】

たいていの親御さんは、子どもが生まれてから数年は、

どういう風に世話をやくか
何を食べさせるか
いつ寝かせていつ起こすか
何を着せたらいいか

ということばかりに気をとられて
子どもの知的発育の条件を整えることには、ほとんど無関心です。

遅かれ早かれ、子どもは積み木で遊ぶようになろうし、
字も読め、数も数えるようになり、
エンピツで絵を描くようにもなる。
急ぐことはない、
そのときがくれば何でもできるようになる

・・・・・と思っているのです。

実際はまるでちがいます。(以下略)
(「ニキーチンの知育遊び  訳:匹田軍次)


私は長男が生まれる直前にこの本に出会えて
本当にラッキーだったと思います。
まさしく、この「たいていの親御さん」のつもりでいましたから・・・・icon10

子どもは自然に成長していくもの、
賢いかどうかは「運」だと思っていましたから(恥)

子どもが生まれてから、この本をバイブルに
出来るだけ忠実に子育てをしてきました。
もちろん、「忠実に」なんて無理なのです!
だから、正確には「出来る範囲で」ですが・・・・

もう大きくなった3人の子どもたちを見て、
「この本に出会えてよかった」とつくづく思います。

そして、今から子育てをされる若いお母さんに
少しでもそんな子育てを伝えたいと思います。

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)
一人二役?
【三つ子の魂百まで】

昨日の記事で⇒☆
早速質問をいただきましたtoyoda06

「How~?」の質問をするって、いつからですか?」(赤ちゃんのお母さんより)


そうですよね~、赤ちゃんはしゃべれないし、質問なんか出来ないと思いますよね~toyoda12

でも、違うんです!そう、赤ちゃんの時が大切なんです♪

例えば、オムツを替えたとき、
「オムツがきれいになったね、気持ちいいね~face02」と
言っていませんか?
(もちろん、言わないよりは言ったほうが100万倍もいいのですがicon10

こう言ってみませんか?
「オムツがきれになったね、どんな気持ち?」

「そう、気持ちいいのface02。よかったね~」


そう、一人二役です!

赤ちゃんはお腹の中にいるときは、まさしく一心同体でしたねtoyoda09
だから、赤ちゃん時代はまだまだお母さんと一心同体に近い状態です。
お母さんは赤ちゃんに「How~?」の質問をしてあげて、
そして、答えを代弁してあげましょうface02

赤ちゃんはちゃ~んと聞いていますよicon22
そして、質問の仕方・答え方、思考の仕方など
ずっと学んでいるのです♪

赤ちゃん時代から「How~?」の質問に慣れていると
ずっと頭を使う練習になりますから、脳への刺激も多くなりますよ!

"子育てアドバイス楽賢"では、お母様からの質問を募集しています。
「こんな時どうしたらいい?」という子育てについての質問があれば、
コメント欄か「オーナーにメッセージ」欄より、ご質問くださいね♪
誠心誠意、お答えいたします。(ただし、お答えできない場合もあるかもしれませんが、
ご了承くださいませ。)
子供の人生を伸ばしましょう!
【三つ子の魂百まで】

子どもの脳は生まれた瞬間から発育し始めます。また、育児もその瞬間から始まります。
予め『出来る脳』の知識を持って育児をしましょう。

3guraf.gif

「出来る脳」は3歳までに作る!
【三つ子の魂百まで】

3nou.gif
子どもの脳は、生まれてから3歳になるまでに約50%、6歳までに約90%が出来上がると言われています。人生の最初の数年は、その子の一生にとって最も貴重な時期なのです。

この貴重な数年のパパとママの子どもとの関わりが、子どもの将来を大きく左右するのです。

この最適な時期を逃さずに、『出来る脳』を作ってあげられるのは、パパとママだけです!


ガイド:子育てアドバイザー:河村京子
kawamura.jpg
チャイルドコーチングアドバイザー
子育てアドバイザー

東京学芸大学教育学部卒
大学1年の時家庭教師から講師業を始め、その後約30年間、塾の講師を務める。現在も学研石が口教室を開室中「京じろう先生」として科学実験教室を行い、数々の科学賞を受賞。

3人の子どもの子育て中。たくさんの育児書・教育書などで子育ての理論・方法論を学ぶ。自分の子育て経験の成功と失敗を生かしてのアドバイスを行います。

【URL】http://rakken039.soreccha.jp/
【メディア】
・ザ・ムーブマン
・ママトコ



©2004-2011 Produesd by Promotion-eyes Ltd., ALL Rights Reserved.