働く女性のキレイとワクワクを応援するやまぐちWebサイト アンジュ - Ange



TOP一生虫歯にならない方法|アンジュ >> カテゴリ:虫歯にならない方法

一生虫歯にならない方法|アンジュ
山口情報 ポータルサイト アンジュ

一生虫歯にならない方法|アンジュAnge
虫歯にならない方法
子供の虫歯予防
【虫歯にならない方法】

だんだん寒くなりますね。
トイは寒いのがとても苦手なので、早く暖かくならないかなと思っています。



今日もラジオで喋ってきました。
テーマは「子供の虫歯予防」
親から子供に虫歯菌がうつらないように頑張っているというお父さんからの質問にお答えします。

1月12日放送分「虫歯が親から子供にうつるってホント?」


過去の放送分はこちらから聞くことができます。

ぜひ感想を聞かせて下さい。
質問もお待ちしていますface02

Ange
子供の歯のためにできること
【虫歯にならない方法】

今日も朝からラジオで喋ってきました^^
今日のテーマは「子供の歯のためにできること」です。

歯が生えたばかりの子供ちゃんのためにできることは何ですか?というお母さんの質問にお答えします!!

8月4日放送分「子供の歯のために出来ること」

過去30回の放送分はこちらから聞くことができます。

ぜひ感想を聞かせて下さい。
質問もお待ちしています^^

ラジオの放送を聞いていただいた方からよく聞かれるのが、「あの歯ブラシはどこで手に入りますか?」
というもの。
あの歯ブラシとは、質問をいただいた方に番組からお送りしている「究極の歯ブラシ」のことです。
この歯ブラシ、九州歯科大学の教授が20年かけて開発した究極の歯ブラシなのです。
もちろん特許もとってます。
(究極の歯ブラシの説明はコチラです)

阿知須歯科でも販売しているのですが、遠方の方からも問い合わせをいただきますので、通販でご購入できるようにしてもらいました。

ご希望の方は コチラ をご覧下さい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Ange
世界3大疼痛の虫歯
【虫歯にならない方法】

41XRV28ZRRL__SL500_AA240_.jpg 今日は本の紹介です。
タイトルはズバリ「もう虫歯にならない!

著者の花田先生は国立保健医療科学院口腔保険部長。
虫歯予防のスペシャリストです。

「もう虫歯にならない!」って、すごい心強いタイトルですねface02
歯の痛みは世界3大疼痛にランクインしているほど激烈なものです。
もし虫歯がなくなれば、その3大疼痛の一つがなくなる訳で、こんないいことはないですね。

(人類が今まで体験した痛みの中で、痛い方からベスト(ワースト)3を世界3大疼痛と呼んでいますface03

ところで、なぜ虫歯ができるのでしょう?

甘いものを食べ過ぎたから?
歯磨きをしなかったから?

残念ながら両方とも答えはノーです。

よく「甘いものを食べると歯が溶ける」とか「コーラで歯が溶ける」とか言いますよね。
実際あまーいお菓子をかむと、本当に歯が溶けそうな感じになります。
でも、当り前の話ですが甘いお菓子で歯が溶けるなんてことはないんですねface07   




では、なぜ虫歯ができるのか?という話なのですが、

虫歯の原因を確かめるために、無菌動物を無菌状態で飼育して、虫歯のできやすい餌をあたえるという実験が行われました。
この実験では、どんなに餌を与えてもその動物に虫歯はできませんでした。

次に同じ条件でその動物にいろいろなバイ菌を摂取してみました。
するとある特定のバイ菌を接取した場合のみ、虫歯が発生することが確認されました!!face08

この実験により虫歯の原因はある特定の細菌であるということが証明されたのです


そのバイ菌の名前は

ミュータンス連鎖球菌!!


このバイ菌が虫歯の原因だったのですね。

虫歯の原因はミュータンス菌だ、というところまではこれでハッキリしたのですが、ここでひとつの疑問点にぶつかります。
実は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはミュータンス菌は存在しません。

ではいったい、いつ、どこからこのミュータンス菌は私たちの口の中にやってきたのでしょうか???
実は、パパ・ママ、じいちゃん・ばあちゃんなどの大人からです。



Ange
虫歯も生活習慣病
【虫歯にならない方法】

「どうして虫歯菌とは仲良くできないの?」という質問?
なんと言っても仲良くできない一番の理由は、虫歯菌そして虫歯には人間の自然治癒力が効かないからですface08

虫歯菌がひっついているのが歯の表面なので、白血球などのバイ菌をやっつけるはずの免疫細胞は届きません。
虫歯菌は歯の表面にひっついているうちに他のバイ菌と協力して「バイオフィルム」というバリヤーを作ります。
いったんバリヤーができてしまうと、唾液で洗い流されることもないですし、うがい薬も効きません。

やりたい放題ですねface10


西洋医学的(アロパシー的)な話になりますが、人間の体についているバイ菌は、人間の都合で常在菌・非常在菌、善玉菌・悪玉菌等に分類されます。

この分類だと虫歯菌は非常在菌で悪玉菌になります。
要するに、いない方がいい菌ということです。

いない方がいい菌が、歯にひっついて、やりたい放題やった結果が虫歯なんですね。

という訳で、予防歯学的には虫歯菌はなるべく感染しないように、感染が起こった場合には全部やっつける、というのが解決法になります。

もちろん、バイ菌が少しくらいいてもいいじゃない!!、という考え方もアリだと思いますface01
虫歯菌は砂糖(スクロース)を利用して虫歯を作ります。

現代では、精製された砂糖を大量にとりますよね。
おいしんぼの101巻を読むと、知らないうちにどれだけとっているのかビックリします。




それが虫歯を作っている要因のひとつとも言えます。
そういう意味では、虫歯も生活習慣病なんですね。

そういったことを踏まえた上での、現時点での私の考え方ですが、

可能な限り虫歯菌の感染を予防する

もし、感染してしまっているときには、可能であれば除菌を行う

それとは別に、食事や歯磨きには十分注意する

現時点で発生している虫歯は早急に治療(修復)を行う

としています。

虫歯を病気だと思っている人がまだ大勢いますが、虫歯は病気ではありません。
一度虫歯になってしまうと、人工物で補修することはできても、治ることはありません。

そういう意味でも予防がとても大切なのです。
Ange
虫歯の原因は
【虫歯にならない方法】

歯磨きをしなかったから、でもなく

甘いものをたくさん食べたから、でもなく

ミュータンス菌という虫歯を起こすバイ菌が口の中にすみついてしまったからだ、というお話をしました。

このミュータンス菌は、生まれた時には口の中には存在していませんface07
ではいったい、いつ、どこから私たちの口の中に入って来たのでしょうか?

1994年にスウェーデンで、お母さんの歯をきれいにすることによって、赤ちゃんへの虫歯菌の感染を減らすという実験が行われました。
ひとつのグループは、歯科衛生士によってお母さんの歯の汚れを徹底してとり、さらに栄養指導をしました。
もう一方のグループは何も特別なことはしませんでした。

そして、子供が7歳になった時点で調べてみると、歯をきれいにしたお母さんのグループで虫歯菌を保有していた子供の数は、何もしなかったグループの半分だったという結果がでました。

お母さんの歯を奇麗にするだけで、子供の歯を虫歯菌から守ることができたのですface08

現在では、そのほかのいろいろな実験の結果から「虫歯菌は親から感染する場合が多い」ということが、ほぼ確実視されています。

しかも面白いことに、虫歯菌が感染するのは、子供が生後19か月(1歳7か月)から31か月(2歳7か月)の間に集中することも分かっています。

この虫歯菌の感染が起こる約1年間を、我々歯科医師は「感染の窓」と呼んでいます。

この窓が開いている期間、子供の年齢が1歳半から2歳半までのおおよそ1年間だけ虫歯菌の感染が起こらないように気をつけてあげれば、その子は一生虫歯で困ることはなくなります!!

これならなんとかなりそうじゃないですか?
Ange
式場の予約と一緒に歯医者も予約
【虫歯にならない方法】

妊娠中は虫歯の治療に制限を受けることがありますし、子供を産んですぐはなかなか歯医者には通いづらいと思うので、できたら結婚が決まったら、

式場の予約と一緒に歯医者も予約する

ということをお勧めします。

自分では気がつかなくても虫歯になっていることはよくありますし、虫歯になっていなくても歯科医院にいけば、歯垢や歯石をきれいにクリーニングしてもらえます。

それから虫歯の治療が完了しても、定期的に歯医者に行って、お口の中のクリーニングを受けることをお勧めします。
期間は、できれば月1回がベストですが、最悪でも半年に1回は受けた方がいいです。
特に虫歯菌の感染が起こりやすい、子供の年齢が1歳半から2歳半までの1年間は、まめに通っていただきたいと思っています。


次に大事なことは、

口うつしで食べ物をあげない

ということです。

私も4児の父で、現在一番下の子がちょうど1歳半なので、よく分かりますが、ぐずるときにはお菓子を与えたくなります。
もちろんあげてもいいのですが、その時に

絶対に自分の口で咬んで細かくしたものをあげないで下さい。

もし自分の口に虫歯菌がいたら、虫歯菌を栄養付きで子供に感染させているようなものです。


3つ目に大事なことは

自分の使っている箸を使って、こどもにご飯を食べさせない


ということです。

私もついついやってしまいがちなのですが、これも子供に虫歯菌を移植しているようなものなので、やめましょう。


最後に大事なことは

毎日歯磨き(仕上げ磨き)をしてあげる



ということです。

1歳半だと、上下の前歯が4本ずつと、奥歯が上下に1本ずつ生えてきていると思います。
もうこれくらいから、仕上げ磨きしてあげましょう。

歯磨き粉はつけないでいいです。
1日くらいは忘れてもいいですが、必ずつづけてあげて下さい。

仕上げ磨きの習慣は、できれば小学生になるまで続けてあげた方がいいです。
Ange
虫歯になってしまった時
【虫歯にならない方法】

虫歯になってしまった時の対応は一つしかありません。
それは

なるべく早く治療をする!!

ということです。

あまり進んでいない虫歯の進行が止まることはありますが、虫歯が自然に治癒することは絶対にありませんface07

そのためにお父さん、お母さんは子供の口の中に関心をもってあげて下さい。
仕上げ磨きの時に穴が開いていないか見てあげましょう。

実は、子供の歯で虫歯になりやすいところは決まっています。

上の前歯の真ん中

下の1番奥の歯と2番目に奥の歯の間(左右)

です。

ここだけでもチェックしてあげましょう。
穴があいてすぐならば、治療もそんなに大したことはないですface02


(この程度の大きさなら簡単に治療できます)

虫歯はできてすぐは痛みがありません。
虫歯が歯の中の神経まで届くと痛みが出てきます。
痛みがでると虫歯がかなり進行しているということで、治療も大変になりますface07


(ここまで大きくなるとちょっと大変です)

それから気をつけていただきたいのが、

そのうち大人の歯に生え変わるから、子供の歯の虫歯はほっといても大丈夫

とは、絶対に思わないで下さい。

子供の歯が虫歯になって、根っこの中までバイ菌が入ると、すぐ下にある永久歯の色がおかしくなったりすることがあります。

また、虫歯の穴の中は虫歯菌がとてもたくさんいますので、他の場所に生えてきた永久歯にその虫歯菌がうつって、永久歯まで虫歯になります。

早期発見、早期治療を心がけましょうface02


ところで、いったん虫歯菌が感染してしまったら、もうあきらめるしかないのでしょうか?

実は現代の医学では、いったんお口の中に住み着いてしまった虫歯菌を全部やっつけてリセットすることが可能になってきていますface08
これこそ究極の予防法ですよね。
Ange

実は現代の歯科医学の進歩によって、虫歯菌を全部やっつけて、お口の中をリセットする方法が開発されています!!

その方法の名前は

Dental Drug Delivery System (デンタル ドラッグ デリバリー システム)

通称 3DS (スリーディーエス)

と言います。

お口の中のバイ菌を全部やっつけようとすれば、ものすごい量の薬が必要になります。
また虫歯菌だけを選んでやっつける薬もありません。

では、どうやって虫歯菌だけを全部やっつけることができるのでしょうか?

この3DSは、「虫歯菌は歯の表面にしかいない」ということに注目して開発されました。
歯の表面だけに高濃度の薬を短時間だけ作用させることによって、やっつけたい虫歯菌だけを退治することが可能になったのですface02

それでは3DSの具体的なやり方を説明します。

最初にお口の中に虫歯菌がどれくらいいるのか検査をします。

その検査で虫歯菌がたくさん見つかればいよいよ3DSのスタートです。
まずマウスピースを作るための歯型をとります。

次に、歯の汚れ(プラーク)が染まる特殊な液で、歯の表面についている汚れを染めだして、それが全部落ちるまで徹底的にキレイにします。



そして、マウスピースの中にバイ菌をやっつける薬をつけて、5分間はめます。



一週間間をあけて、もう一度同じことをします。

2か月間をあけて、虫歯菌がいなくなっているか、もう一度検査をします。

たった、これだけです。
簡単でしょface02

マウスピースを使用することによって、使う薬の量を少なく、時間も短くできるところが、この方法の画期的なところです。

残念ながらまだ健康保険に取り入れられていない方法なので、受ける場合は自費になってしまうのが欠点です。

薬でバイ菌を全部やっつけるというのは、非常に西洋医学的な考え方なのですが、虫歯菌や虫歯には自然治癒力がほとんど働かないので、しょうがないです。

虫歯菌と共存していく場合に大事なことは

砂糖(特に精製した白砂糖)はなるべくとらない

歯磨きをきちんとする(できればフロスや糸ようじ、歯間ブラシ等も併用する)

でしょうか。
(当り前の話ですけど・・・)

このように、虫歯は感染症であるという観点から予防ということの可能性がおおきく開けてきています。
ただし残念なことにまだ普及しているとは言い難いです。

一番の問題は健康保険制度の中に、「感染症としての予防」という概念が全く存在していないことです。
3DSも自費ですると総額で1万円以上かかるので、早く保険に入ってくれないかなと思っています。
Ange
ガイド:阿知須歯科院長:戸井正樹
toimasaki.jpg歯科医師
心理カウンセラー
アンチエイジング学会認定医
ホリスティック医療協会会員
九州大学卒後、京都・姫路の歯科医院でインプラントや矯正などの最新治療もバンバン行ってきました。 現在は、生まれ育た地元山口にて、みんなが怖がる歯科治療を、安心して受けられるよう心理学・アロマセラピー等を取り入れ、地域に根差した歯医者です。 早期発見!早期治療!予防治療!どんなことでもお気軽にご相談ください。 プライベートでは4人の男の子の父親です。

【URL】http://ajisusika.soreccha.jp/
【メディア】
・FM 毎週木曜日の9時36分
「yamaguchi EYE Smile to Smile」
・ケーブルTV



©2004-2011 Produesd by Promotion-eyes Ltd., ALL Rights Reserved.