働く女性のキレイとワクワクを応援するやまぐちWebサイト アンジュ - Ange



TOP夢追い人|アンジュ >> カテゴリ:2011年9月

山口情報 ポータルサイト アンジュ

>> 2011年9月 バックナンバー
二井 関成 山口県知事
住み良さ日本一の山口県づくりの総仕上げ
いよいよジャンプアップの瞬間


tiji.jpg
しっかり聞いて、しっかり実行。
【Profile】
昭和18年生まれ、山口県美祢市出身。昭和41年東京大学法学部卒。自治省(現・総務省)に入省。消防大学校、中小企業庁、長崎県、鹿児島県などでの勤務を経て、昭和59年10月山口県企画部長に。その後、民生部長、総務部長、出納長を経た後、平成8年8月山口県知事に就任。趣味は、スポーツ(特に野球)。読書(好きな作家は司馬遼太郎【愛読書は「坂の上の雲」】)。
田村洋
東日本大震災の復興に向けた元気を
山口県から発信できるような内容にしたい


tamura.jpg
式典を通じて山口県の素晴らしさを届けたい
【Profile】
1948年旧山陽町(現・山陽小野田市)生まれ。作曲家。1977年第19回パリ国際ギターコンクール作曲部門入賞他、国内外で数々の賞を受賞。NHK朝ドラ「和っこの金メダル」他作曲。1990年にはベストドレッサー賞も受賞。現山口県立大学国際文化学部教授でもある。おいでませ!山口国体・山口大会総合式典プロデューサー。ファイト!ちょるるの作曲者でもある。
濱田 泰
地元スタッフによる山口国体の取り組み
感動とノウハウを次世代に伝えたい


hamada.jpg
日々のできごとを決然と受け入れて、前進。
【Profile】
1955 年熊本県生まれ山口市在住。おいでませ!山口国体・山口大会式典運営ディレクター。山口大学卒業後、昭和56 年大村印刷株式会社に入社。広告全般から大型イベント全般を手掛ける。昭和59 年、株式会社コア設立とともに責任者となり、公官庁を中心に企業などを顧客に、山口県観光キャンペーンやきらら博など山口県を代表する業務を担当。現在大村印刷株式会社取締役デザイン部部長も兼務。
山本 譲二
甲子園球児が目指した歌手デビュー
上京から大ヒットまで苦節12年 叩き上げの演歌人生


jyoji.jpg
" 紅白出場" とてつもなく大きな夢を追いかけ。
【Profile】
山口県下関市出身。早鞆高校にて昭和42 年、第49 回夏の甲子園大会出場。芸名伊達春樹「夜霧のあなた」(ビクター) でデビュー。山本譲二として再デビュー。『みちのくひとり旅』でミリオンセラーを記録。数々の賞を受賞。昭和56 年11 月日本レコード大賞・ロングセラー賞受賞 ・日本有線大賞・有線音楽賞受賞 ・12月全日本有線大賞・グランプリ受賞 。

株式会社 ジョージ・プロモーション URL http://go-go-george.com/
川野 太郎
高校野球で体験した突き抜ける『スイッチ』
故郷山口に育てられ、力を取り戻す原点


kawano.jpg
役者業26 年。好きだから、辞めない、諦めない。
【Profile】
タローエンタープライズ。山口県小郡町(現 ・山口市)出身。山口ふるさと大使。高校・大学と野球部に所属。早稲田大学教育学部体育学科専修卒業後、役者の道へ。NHK 朝の連続テレビ小説昭和60 年上半期、第34 作目の作品『澪つくし』でデビュー。NHK 大河ドラマ、NHK スペシャルドラマ「坂の上の雲」などのテレビドラマや「二十四の瞳」「桜田門外ノ変」映画、舞台に多数出演している。
あさみ ちゆき
夢を追って東京へ 独特な世界観で心に響く歌唱力
「井の頭公園の歌姫」


asami.jpg
人柄でご縁を引き寄せ、夢に一歩一歩近づく。
【Profile】
山口県光市出身。山口ふるさと大使。2001年から井の頭公園でストリートライブを始める。03 年に「紙ふうせん」でデビュー。作詞家の故阿久悠氏最後の秘蔵っ子ともいわれる。07 年の第49 回日本レコード大賞・日本作曲家協会奨励賞受賞。08 年の第41 回日本有線大賞・音楽賞受賞。昭和の懐かしさを感じさせる歌唱は団塊の世代を中心に支持を広げる。ロシア、マレーシア、中国でもライブを実施。

あさみちゆきオフィシャルサイト URL http://www.chiyuki.jp/
陣内 大蔵
夢を追いかけ、20代で夢成就
次世代にも夢を追いかけて欲しい


jinnouchi.jpg
夢の色が変わりながら、夢が成就している。
【Profile】
シンガーソングライター。65年生まれ。山口県宇部市出身。牧師家庭に生まれ育つ。関西学院大学神学部在学中'88年にメジャーデビュー。音楽作家&プロデュース/ラジオ番組DJ/音楽専門学校講師/山口ふるさと大使など活動は多岐に渡る。大学時代に中座した学びを再開。'07年春に日本キリスト教団東美教会に就任。牧師。

陣内大蔵オフィシャルサイト URL http://www.jinnouchitaizo.com/
田川 ヒロアキ
やりつづけていたら必ず夢は叶う
「生涯、心に響く音楽を奏でたい」それが今の夢


tagawa.jpg
盲目天才ギタリスト
【Profile】
山口県下関市出身。ギタリスト&コンポーザー。山口ふるさと大使。先天性の視力ハンディキャップを持つ。よさこいの「男なら」を作曲し、山口県総踊り曲と して定着している。各地域のよさこいチームの曲、地元のテレビ・ラジオ番組の テーマソングを作曲。現在は東京を拠点に、北京での10 万人コンサートや、有 名アーティストとの共演により、作曲、活動の幅を広げる。

田川ヒロアキオフィシャルサイト URL http://fretpiano.com/hiechan/
檜原 弘
感じたもの、考えたことを作品に込めて、
歩んだ証を残したい


hibara.jpg
プレッシャーをバネに集中力で1 曲ずつ作曲
【Profile】
1961 年岩国市生まれ。広島のエリザベト音楽大学卒。現在(2011 年) は大津緑洋高校勤務。おいでませ!山口国体・山口大会の開・閉会式のファンファーレ、炬火分火・納火曲等合計6曲を作・編曲。小学校4 年時に入部した器楽クラブを通して音楽が好きになり、5年生の頃には、ほとんどの金管楽器を経験した。県立岩陽高校2 年時に正式にピアノの指導を受け、作曲にも興味がわき夢中で勉強。
岡部正彦・林山健二
田布施町で豊富に採れるてんぐさを使った炬火式
よそと違った面白いことをやりたかった


okabe.jpg
信頼関係がアイデアを実現できる
おいでませ!山口国体の炬火の採火に、巨大ところてんレンズが田布施町で開発された。8月7日の田布施川河川公園の炬火式では、このところてんレンズを使用して、見事に成功した。そのところてんレンズを開発したのがこのお二人。
【Profile】
岡部正彦(写真左)
田布施町生まれ、在住。1984年に(有)カントリー工房創立。

林山健二(写真右)
田布施町生まれ、在住。奥さまの経営する(有)サンコー工業の技術主任。5,6年前に知り合った二人は意気投合し、しょっちゅう行き来しもの作りに夢中。
平田隆之
県民総参加の夢と感動にあふれる大会を目指して
国体史上初の取り組み


hirata.jpg
多くの出会いが私の財産
【Profile】
1963 年山口市出身・在住。大学卒業後入社した東京の広告代理店を退職しU ターン。1999 年「ヒットクリエイティブオフィス」を設立し、山口きらら博県民参加組織「きららネット」参加。2007 年6 月NPO 法人「市民プロデュース」設立。合同会社ヒットクリエイティブオフィス代表・ NPO 法人市民プロデュース副理事長・おいでませ!山口国体県民きらめきセンターセンター長。
高杉・松陰・久坂
takasugi_shoin_kusaka.jpg
松下村塾主宰者とその門下生

(左)高杉晋作
 天保10年~慶応3年(1839~1867)
萩城下の菊屋横町に武士の子として生まれた。19歳の時に、友人の久坂玄瑞のすすめで松下村塾に入塾し、久坂と並んで村塾の双璧と称された。長野の佐久間象山を訪ね学んだ。身分に関係なく組織された奇兵隊を結成し、四境戦争などで連戦連勝して長州藩の勝利におおいに貢献した。幕末に大変活躍したが、明治維新を見る直前に下関で病死。

(中)吉田松陰
 天保元年~安政6年(1830~1859)
江戸時代の終り頃、萩の松下村塾で幕末の志士や明治維新に活躍する多くの人材を育てた。萩藩士の二男として、萩の松本村に生まれ、幼くして吉田家の養子となり、山鹿流兵学師範の職を継いだ。また生涯にわたって日本中を旅した。世界に眼を向けた松陰はアメリカ軍艦で海外渡航しようと計画したが失敗。その後、安政の大獄によって処刑された。

(右)久坂玄瑞
 天保11年~元治元年(1840~1864)
萩城下の平安古で生まれた。松陰と出会ったのは17歳の頃で、松陰から「防長年少第一流の才気ある男」と評された。松陰の妹の文と結婚して松陰の実家・杉家に同居し、松下村塾での松陰の教育事業を助けた。吉田松陰が亡くなった後の村塾ではつねに中心的人物だったが、京都での蛤御門(禁門)の変の戦いで負傷し、25歳の若さで亡くなる。


萩市 松陰記念館前
山県・木戸・伊藤
yamagata_kido_ito.jpg
松下村塾門下生

(左)山県有朋
 天保9年~大正11年(1838~1922)
下級武士の子として生まれ、21歳の時に入塾。奇兵隊血盟に加わり、その中心的な役割を担った。高杉晋作の挙兵、四境戦争、戊辰戦争などで奇兵隊をひきいて活躍し、明治維新後は軍隊の近代化、確立につとめ、内閣総理大臣や枢密院議長などを歴任した。

(中)木戸孝允(桂小五郎)
 天保4年~明治10年(1833~1877)
藩の医者の子として生まれた。幼名を小五郎といい8歳で桂家の養子となる。吉田松陰とは藩校明倫館で知り合い、のちも交流をつづけ、江戸での松陰門下生たちの世話をした。幕末には薩長同盟を結び、西郷隆盛、大久保利通とともに明治維新の三傑と呼ばれる。

(右)伊藤博文
 天保12年~明治42年(1841~1909)
熊毛郡束荷村(現・光市)に農民の子として生まれた。17歳の時に、来原良蔵に認められ、その紹介で松下村塾に入塾。松陰は伊藤を「周旋屋(世話好き)」と評している。維新後は国会の開設、憲法制定など「明治日本」の確立に中心的役割を果たした。日本最初の内閣総理大臣。


萩市 松陰記念館前
品川弥二郎と山田顕義
shinagawa_yamada.jpg
松下村塾門下生

(左)品川弥二郎
 天保14年~明治33年(1843~1900)
足軽の子として生まれ、松下村塾には15歳の時入塾。松陰が亡くなった後も塾の勉強会メンバーで、のち攘夷血盟に加わり、英国公使館焼討ちや蛤御門の変などに参加した。明治維新後は政府高官となってヨーロッパ諸国に滞在。外交方面で活躍し、内務大臣などを務めた。

(右)山田顕義
 天保15年~明治25年(1844~1892)
武士の長男として生まれ、14歳の時に松下村塾に入塾。村塾の一燈銭申合や攘夷血盟のメンバーで、当時外国と日本が結んだ不平等な条約に強く反対し、尊王攘夷に参加した。明治維新後は司法大臣を務め、また日本大学、国学院大学を創設し、教育者松陰の遺志を実現した。

※一燈銭申合(いっとうせんもうしあわせ)...いざというときに江戸や京都に進出するための資金をつくる目的で作られた会。久坂玄瑞や山県有朋など10数人が参加。松陰が書き残した「講孟余話(こうもうよわ)」の写本をつくって売り、お金を積み立てようというもの。この会の発足は、松下村塾生の団結心を固めるきっかけになった。


萩市 松陰記念館前
天野清三郎と野村靖
amano_nomura.jpg
松下村塾門下生

(左)天野清三郎
 天保14年~昭和14年(1843~1939)
武士の家に生まれ、16歳で松下村塾に入る。塾に寝泊りして学び、松陰はその学識を高く評価していた。のちに長州藩の海軍所に入り、馬関戦争や奇兵隊創設にも参加。明治維新後は長崎造船所の創設に貢献し、また松陰門下生の中で最も長命で、97歳まで生きた。

(右)野村靖(和作)
 天保13年~明治42年(1842~1909)
足軽の子として生まれる。16歳の時に兄の入江九一とともに松下村塾に入塾。松陰が最も信頼する門下生の一人だった。松陰没後は、京都や江戸で村塾グループの尊皇攘夷運動に参加し、四境戦争や戊辰戦争で各地を転戦した。維新後は政府高官となり、内務大臣を務めた。


萩市 松陰記念館前
毛利元就と三子息
mouri.jpg
戦国最高の知将と評される戦国大名

明応6年3月14日(1497年4月16日)~元亀2年6月14日(1571年7月6日)。数ある戦国大名の中でも有数の実力者であり、政治的才能と知見に恵まれた武将にして策謀家であった。三人の息子(隆元・元春・隆景)に語ったとされる「三本の矢」の逸話が残されている。


萩市
田中義一
tanaka.jpg
陸軍軍人、政治家。第26代内閣総理大臣。

1864年、 現在の萩市に生まれる。男爵に叙され、陸軍大将に進級するなど、軍人として極めて有能であった。政界へ転身の後は、内務大臣、外務大臣、そして総理大臣を歴任。63歳で、山口県出身としては5人目の総理大臣となる。


萩市 素水園
厚東常吉
koto.jpg
松陰神社の復興発展に尽力した政治家

1884-1968。萩市出身の衆議院議員。「雷鳴」とあだ名された。


萩市 松陰神社
源義経
yoshitune.jpg
平安時代末期の武将

鎌倉幕府を開いた源頼朝の異母弟。平治元年(1159年)~文治5年閏4月30日(1189年6月15日)。優れた軍才を持ちながら非業の死をとげた。 享年31歳。源平合戦の最後の舞台となった壇ノ浦に面するみもすそ川公園に、八艘跳びの姿で、平知盛像と対峙して立つ。


下関市 みもすそ川公園
平知盛
taira.jpg
平安時代末期の平家一門の武将

仁平2年(1152年)~寿永4年3月24日(1185年4月25日)。武将としての才能、人間的魅力のあった人物とされる。壇ノ浦の合戦で平氏滅亡の様を見届け、海へ身を投げ自害。自害にあたり、入水後浮かび上がって晒し物になるなどの辱めを受けるのを避けるため、碇を担いだと伝えられる。享年34歳。


下関市 みもすそ川公園
高杉晋作
takasugi_d1.jpg
幕末に尊王攘夷の志士として活躍

天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日)。長州藩藩士。現在の萩市に生まれ、松下村塾で学ぶ。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。萩市には今も生家が残る。


下関市 日和山公園 陶像(上)
takasugi_kouzan.jpgtakasugi_toko.jpg


下関市 功山寺 挙兵像(中左)                下関市 東行庵(中右)


takasugi_hiroba.jpg
萩市 晋作広場(下)
狩野芳崖
kano_d1.jpg
明治期の日本画家で近代日本画の父

文政11年1月13日(1828年2月27日) ~明治21年(1888年)11月5日)。下関市長府生まれ。長府藩御用絵師の家に生まれ、幼少時から画道に励んだ。不朽の名作「悲母観音の図」を絶筆としてこの世を去った。享年61歳。


下関市 覚苑寺
佐々木小次郎
sasaki_d1.jpg
安土桃山時代から江戸時代初期の剣豪

小次郎の出自に関しては不明な点が多い。山口県阿武町大字福田には小次郎のものと伝承される墓がある。秘剣「燕返し」を得意とした。慶長17(1612)年4月13日、下関市巌流島にて宮本武蔵と決闘のうえ敗死。決闘時には武蔵より年長であったとされている。島名の由来は敗れた佐々木小次郎の流儀「巌流」からきている。
musashi_kojiro.jpg


下関市 巌流島
宮本武蔵
musashi_d1.jpg
江戸時代初期の剣豪

二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。水墨画家・工芸家としても知られる。著書「五輪書」によると、生年は天正12年(1584年)、現在の兵庫県生まれとされている。60数回の勝負に1度も負けたことが無かったという。1645年6月13日没。慶長17(1612)年4月13日に下関市巌流島にて佐々木小次郎と決闘。


下関市 巌流島
森鷗外
moriougai.jpg
明治が生んだ大文豪

石見国津和野(現島根県津和野)出身。東京大学医学部卒業。陸軍軍医としてドイツに留学。帰国後、訳詩集「於母影」、小説「舞姫」、翻訳「即興詩人」を発表。中期には「ヰタ・セクスアリス」、「雁」等の長編小説を、後期には「阿部一族」、「高瀬舟」などの歴史小説を手がけた。軍医、小説家の他に、評論家、翻訳家、劇作家、としての顔を持ち、それぞれの分野において多大な業績を残した。

写真提供:森鴎外記念館
種田山頭火
santouka.jpg
旅と酒を愛した昭和の芭蕉

明治15年、防府市生まれ。自由律俳人。早稲田大学を途中退学し帰郷。その後30歳頃から俳句を作り始める。「山頭火」の俳号で初めて創作した雑誌名は「郷土」であった。生涯を通じて、漂白し、数々の俳句を生んだ。自由で簡明な作風は、アメリカの文学者をして「東西を超越した巡礼詩人」と言わしめたほど。場所と時間を飛び越え、いまなお多くの人に愛される。句碑は全国500基以上。
sanouka_d1.jpg

写真提供:山頭火ふるさと会
防府駅てんじん口
嘉村礒多
kamura.jpg
自己凝視の作風を打ち立てた作家

私小説家。明治30年山口県吉敷郡仁保村(現:山口市仁保)に生れる。妻子を捨て 駆け落ちし、自責の念を告白した「業苦」「崖の下」を発表して文壇に注目された。昭和7年2月号『中央公論』に「途上」を発表して作家としての地位確立。昭和8年11月、結核性腹膜炎のために死去。

写真提供:山口市総合政策部文化政策課
香月泰男
kazuki.jpg
日本画の伝統美を油絵で追求した第一級の画才

画家。明治44年大津郡三隅村(現・長門市)生まれ。東京美術学校(現・東京芸大) 在学中から国画会に出品。期待の新人として注目される中で太平洋戦争勃発により召集され、戦後シベリヤに抑留。そのシベリヤでの体験を描いた「シベリヤ・シリーズ」は不朽の名作。昭和 44年、第1回日本芸術大賞を受賞。家族と自然を心から愛し、ふるさとで制作に没頭。昭和49年死去、享年62歳。

写真提供:香月泰男美術館
重源上人
cyogen.jpg
61才から25年間、幾多の苦難を越え東大寺再興

保安2年(1121)生まれ。中世初期の日本に生きた人物。平安時代末期から鎌倉時代にかけて 活動した僧。房号は俊乗房(しゅんじょうぼう、俊乗坊とも記す)。61才に入ってから25年間 、東大寺大勧進職として、源平の争乱で焼失した東大寺の復興に全力を尽くし、再興。建永元年 、痢病にかかり、6月5日死去。享年86才。
cyogen_d1.jpgcyogen_d2.jpg

山口市徳地(左)                 重源の郷(右)
高島北海
takashima.jpg
技官、自然科学者、探訪家、画家...多様な功績

明治から大正時代にかけて活躍した日本画家。本名は得三。、嘉永3年9月26日、萩 藩医の次男として生まれる。長い官吏生活を経て、53歳で本格的に日本画家へ転身。日本画壇の 重鎮として活躍した。北海という号は、生誕地である萩の日本海を意味している。美術面では、 西洋に影響を与え、その功績は日本のみならず、フランスでも高い評価を得ている。昭和6年没。

写真提供:下関市立美術館
宇野千代
unotiyo.jpg
多彩な才能を開花させ、天寿を全う

明治30年岩国市生まれ。「おはん」で野間文芸賞、「幸福」で女流文学賞を受賞。平成2年には文化功労者として顕彰される。その他、数々の賞を受賞し文壇上の地位を不動のものにした。また、スタイル社を設立し、女性誌「スタイル」、文芸誌「文体」を創刊したり、きものデザイナーとして活躍するなど女性実業家の先駆者としても知られる。平成8年満98歳で死去。

写真提供:株式会社宇野千代
金子みすゞ
misuzu.jpg
仙崎が生んだいのちを詠う童謡詩人の巨星

明治36年、大津郡仙崎(現・長門市)に生まれる。本名テル。大正末期から昭和初めに主に雑誌「童謡」に投稿。西条八十に、「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛される。「こだまでしょうか」「大漁」「わたしと小鳥とすずと」など、小さないきものへの優しいまなざしをいきいきと作品に綴ったが、わずか26歳という若さでこの世を去った。

写真提供:金子みすゞ著作保存会
中原中也
cyuya.jpgわが国の文化史上に大きな足跡を残した近代詩人

明治40年、現在の山口市生まれ。優れた詩才は少年のころから現れ、昭和9年に第一詩集『山羊の歌』刊行。昭和12年に『ランボオ詩集』を刊行した後、病死。享年30歳。清書原稿として残された第二詩集『在りし日の歌』は、その翌年、小林秀雄ら友人によって刊行。名声は、死後になって高まる。海外でも紹介され、今や近代文学を代表する抒情詩人として揺るぎない地位を得ている。

写真提供:中原中也記念館
やまぐち夢追い人50人
  • 単行本(ソフトカバー): 260ページ9784990591106 .main.gif
  • 出版社: プロモーションアイ; 初版 (2011/9/20)
  • 言語 日本語, 日本語
  • ISBN-10: 4990591100
  • ISBN-13: 978-4990591106
  • 発売日: 2011/9/20
  • 販売価格: オールカラー 1,500円(税込)
  • 内30円 東北大震災義援金
  • 発送日: 2営業日以内に発送いたします。
販売店

在庫: ご注文数:
数量:
アマゾンでご購入はこちら 送料込み価格1,500円です。


メディア掲載
「夢追い人」を作った経緯
「夢追い人」を作るにあたって苦労したこと
なぜ本を作ったのか?
ぜひ、こんな方に読んでほしい!
夢追い人のご感想

夢を追い、夢を叶えた人。
また、夢をバージョンアップさせながら、さらなる夢を追い続ける人。

夢を応援しあい、夢を叶える。 夢がなくても大丈夫。
目の前のことに一生懸命取り組めば、振り返れば大きな自信につながります。

 また、夢に向かって頑張る人を応援すればパワーももらえるし、 夢が叶った喜びを共に共有し合えます。

夢には人を動かす原動力を秘めています。

山口国体を盛り上げる人、歌手、タレント、リポーター、ベストセラー作家、画家、老舗企業・・・など。 夢を叶えた人の決して諦めない姿勢に生き方にヒントがあります。

(敬称略)
目次
第1章 おいでませ!山口国体を盛り上げる人
二井 関成 - しっかりきいて、しっかり実行。
田村 洋 - 東日本大震災の復興に向けた元気を山口県から発信
濱田 泰 - 国体の歴史的にも珍しい取り組み 感動とノウハウを次世代へ
山本 譲二 - 甲子園球児が目指した紅白出場 叩き上げの演歌人生
川野 太郎 - 役者25年以上 好きだから、辞めない、諦めない
あさみ ちゆき - 井の頭公園の歌姫
陣内 大蔵 - 夢の色が変わりながら、夢が成就している
田川 ヒロアキ - 盲目天才ギタリスト
ちひろ - 金子みすゞの心を歌う
入山 アキ子 - 義理と人情を大事にします
松浦 香織 - あふれる思いを歌に託して
内田 文雄 - 人々が元気になれるような仕事をし続けたい
佐々木 真一 - 他県に勝るとも劣らない曲が完成
檜原 弘 - プレッシャーをバネに集中力で1曲ずつ作曲 
蔵重 雄一 - バスケを続け、若い人たちを伸ばしてあげたい
岡部 正彦・林山 健二 - 信頼関係がアイデアを実現できる
平田 隆之 - 国体史上初の県民きらめきセンターの設立
尾崎 綾香 - 国体史上初の学生限定ボランティア団体
中野 さつき - 伝統芸能の太鼓を引き継いでいきたい
舩林 里歩 - 子供の歌声・笑顔はみんなを幸せにする

第2章 昭和38年を振り返る
河野 輝枝 - 何事も楽しんで生きてきて、素晴らしい人生。

第3章 やまぐちのあの人この人
西村 知美 - 運とタイミングとご縁 すべてに感謝
菊田 あや子 - 永年培った経験を世のため人のために活かす
今井 美樹 - 終わりがない音楽人生の旅路
小口 ゆい - こころとからだとことばを拓こう
上大岡 トメ - 経験は全部自分の血となり肉となる
花柳 寛津由次 - 「芸は人なり」日本舞踊を後世に残したい
正田 明子 - 和と洋を織り交ぜる独自の技法

第4章 やまぐちの伝統工芸・民芸品
松尾 優子 - 萩焼に絵付けという新風 伝統を進化させる女流陶芸家
山本 歩  - 女性社寺建築彫刻師
酒井 由美子 - 伝統技術が息づく民芸品「ふく提灯」
内田 喜美子 - 国指定史跡 日本最古の銅山・長登銅山跡を紙芝居で伝える
やまぐち伝統工芸・民芸品

第5章 やまぐちの郷土料理・食文化
林 裕子 - 温古創新~時代に敏感な老舗に~享保二年創業企業
西山 玲子 - 下関が全国の目標になるような街でありたい
中谷 美佐子 - 夏の風物詩「天神鱧」と「おもてなし」
下川 倫子 - 元毛利藩の米倉庫で、世紀を超えて伝統味噌づくり
桑田 麻衣子 - 百年醸す杉樽で、まっすぐ、正直な醤油づくり
春名 則子 - 明治時代、士族救済のために栽培された夏みかん
篠原 和江 - 大正12年に445名の農家が設立した酒造
見島牛 - 国指定天然記念物 
やまぐち郷土料理・食文化

第6章 やまぐちの偉人
金子 みすゞ - 仙崎が生んだいのちを詠う童謡詩人の巨星
中原 中也 - 文学史上に大きな足跡を残した近代詩人
種田 山頭火 - 昭和の芭蕉
宇野 千代 - 多彩な才能を開花させ、天寿を全う。
森 鴎外 - 大文豪
嘉村 礒多 - 「私小説の極北」
香月 泰男 - 日本画の伝統美を油絵で追求した第一級の画才
高島 北海 - 前人未踏の功績
重源 上人 - 幾多の苦難を越え東大寺再興
本間 俊平 - 大理石の父・秋吉台の聖人


販売店:書店にない場合や在庫切れの場合はご予約いただけます。
・アンジュ(販売中)
アマゾン
9月29日頃県内各書店販売開始
・県庁1F県刊行センター
・文栄堂
・明屋書店
・宮脇書店
・ブックグローブ ビック大内店
・福島書店
・梅乃屋 売店
・ホテル松政 売店
・ホテル常盤 売店
・ねむの木
・セルフエステ チューコレ

※委託販売店準備中・募集中です
おいでませ山口国体 やまぐちNAVI

夢追い人バックナンバー

二井 関成 山口県知事
[山口国体・大会]

二井 関成 山口県知事
住み良さ日本一の山口県づくりの総仕上げいよいよジャンプアップの瞬間 しっか
田村洋
[山口国体・大会]

田村洋
東日本大震災の復興に向けた元気を山口県から発信できるような内容にしたい
濱田 泰
[山口国体・大会]

濱田 泰
地元スタッフによる山口国体の取り組み感動とノウハウを次世代に伝えたい 日々
山本 譲二
[山口国体・大会]

山本 譲二
甲子園球児が目指した歌手デビュー上京から大ヒットまで苦節12年 叩き上げの
川野 太郎
[山口国体・大会]

川野 太郎
高校野球で体験した突き抜ける『スイッチ』故郷山口に育てられ、力を取り戻す原
あさみ ちゆき
[山口国体・大会]

あさみ ちゆき
夢を追って東京へ 独特な世界観で心に響く歌唱力「井の頭公園の歌姫」 人柄で
陣内 大蔵
[山口国体・大会]

陣内 大蔵
夢を追いかけ、20代で夢成就 次世代にも夢を追いかけて欲しい 夢の色が変
田川 ヒロアキ
[山口国体・大会]

田川 ヒロアキ
やりつづけていたら必ず夢は叶う「生涯、心に響く音楽を奏でたい」それが今の夢
檜原 弘
[山口国体・大会]

檜原 弘
感じたもの、考えたことを作品に込めて、歩んだ証を残したい プレッシャーをバ
岡部正彦・林山健二
[山口国体・大会]

岡部正彦・林山健二
田布施町で豊富に採れるてんぐさを使った炬火式よそと違った面白いことをやりた
平田隆之
[山口国体・大会]

平田隆之
県民総参加の夢と感動にあふれる大会を目指して国体史上初の取り組み 多くの出
高杉・松陰・久坂
[銅像になった人物]

高杉・松陰・久坂
松下村塾主宰者とその門下生 (左)高杉晋作  天保10年~慶応3年(18
山県・木戸・伊藤
[銅像になった人物]

山県・木戸・伊藤
松下村塾門下生 (左)山県有朋  天保9年~大正11年(1838~192
品川弥二郎と山田顕義
[銅像になった人物]

品川弥二郎と山田顕義
松下村塾門下生 (左)品川弥二郎  天保14年~明治33年(1843~1
天野清三郎と野村靖
[銅像になった人物]

天野清三郎と野村靖
松下村塾門下生 (左)天野清三郎  天保14年~昭和14年(1843~

©2004-2011 Produesd by Promotion-eyes Ltd., ALL Rights Reserved.