働く女性のキレイとワクワクを応援するやまぐちWebサイト アンジュ - Ange



TOP夢追い人|アンジュ >> カテゴリ:詩人

山口情報 ポータルサイト アンジュ

>> 詩人 バックナンバー
金子みすゞ
misuzu.jpg
仙崎が生んだいのちを詠う童謡詩人の巨星

明治36年、大津郡仙崎(現・長門市)に生まれる。本名テル。大正末期から昭和初めに主に雑誌「童謡」に投稿。西条八十に、「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛される。「こだまでしょうか」「大漁」「わたしと小鳥とすずと」など、小さないきものへの優しいまなざしをいきいきと作品に綴ったが、わずか26歳という若さでこの世を去った。

写真提供:金子みすゞ著作保存会
中原中也
cyuya.jpgわが国の文化史上に大きな足跡を残した近代詩人

明治40年、現在の山口市生まれ。優れた詩才は少年のころから現れ、昭和9年に第一詩集『山羊の歌』刊行。昭和12年に『ランボオ詩集』を刊行した後、病死。享年30歳。清書原稿として残された第二詩集『在りし日の歌』は、その翌年、小林秀雄ら友人によって刊行。名声は、死後になって高まる。海外でも紹介され、今や近代文学を代表する抒情詩人として揺るぎない地位を得ている。

写真提供:中原中也記念館
おいでませ山口国体 やまぐちNAVI

夢追い人バックナンバー

金子みすゞ
[詩人]

金子みすゞ
仙崎が生んだいのちを詠う童謡詩人の巨星明治36年、大津郡仙崎(現・長門市
中原中也
[詩人]

中原中也
わが国の文化史上に大きな足跡を残した近代詩人明治40年、現在の山口市生まれ

©2004-2011 Produesd by Promotion-eyes Ltd., ALL Rights Reserved.