働く女性のキレイとワクワクを応援するやまぐちWebサイト アンジュ - Ange



TOP夢追い人|アンジュ >> カテゴリ:維新の志士

山口情報 ポータルサイト アンジュ

>> 維新の志士 バックナンバー
高杉・松陰・久坂
takasugi_shoin_kusaka.jpg
松下村塾主宰者とその門下生

(左)高杉晋作
 天保10年~慶応3年(1839~1867)
萩城下の菊屋横町に武士の子として生まれた。19歳の時に、友人の久坂玄瑞のすすめで松下村塾に入塾し、久坂と並んで村塾の双璧と称された。長野の佐久間象山を訪ね学んだ。身分に関係なく組織された奇兵隊を結成し、四境戦争などで連戦連勝して長州藩の勝利におおいに貢献した。幕末に大変活躍したが、明治維新を見る直前に下関で病死。

(中)吉田松陰
 天保元年~安政6年(1830~1859)
江戸時代の終り頃、萩の松下村塾で幕末の志士や明治維新に活躍する多くの人材を育てた。萩藩士の二男として、萩の松本村に生まれ、幼くして吉田家の養子となり、山鹿流兵学師範の職を継いだ。また生涯にわたって日本中を旅した。世界に眼を向けた松陰はアメリカ軍艦で海外渡航しようと計画したが失敗。その後、安政の大獄によって処刑された。

(右)久坂玄瑞
 天保11年~元治元年(1840~1864)
萩城下の平安古で生まれた。松陰と出会ったのは17歳の頃で、松陰から「防長年少第一流の才気ある男」と評された。松陰の妹の文と結婚して松陰の実家・杉家に同居し、松下村塾での松陰の教育事業を助けた。吉田松陰が亡くなった後の村塾ではつねに中心的人物だったが、京都での蛤御門(禁門)の変の戦いで負傷し、25歳の若さで亡くなる。


萩市 松陰記念館前
山県・木戸・伊藤
yamagata_kido_ito.jpg
松下村塾門下生

(左)山県有朋
 天保9年~大正11年(1838~1922)
下級武士の子として生まれ、21歳の時に入塾。奇兵隊血盟に加わり、その中心的な役割を担った。高杉晋作の挙兵、四境戦争、戊辰戦争などで奇兵隊をひきいて活躍し、明治維新後は軍隊の近代化、確立につとめ、内閣総理大臣や枢密院議長などを歴任した。

(中)木戸孝允(桂小五郎)
 天保4年~明治10年(1833~1877)
藩の医者の子として生まれた。幼名を小五郎といい8歳で桂家の養子となる。吉田松陰とは藩校明倫館で知り合い、のちも交流をつづけ、江戸での松陰門下生たちの世話をした。幕末には薩長同盟を結び、西郷隆盛、大久保利通とともに明治維新の三傑と呼ばれる。

(右)伊藤博文
 天保12年~明治42年(1841~1909)
熊毛郡束荷村(現・光市)に農民の子として生まれた。17歳の時に、来原良蔵に認められ、その紹介で松下村塾に入塾。松陰は伊藤を「周旋屋(世話好き)」と評している。維新後は国会の開設、憲法制定など「明治日本」の確立に中心的役割を果たした。日本最初の内閣総理大臣。


萩市 松陰記念館前
品川弥二郎と山田顕義
shinagawa_yamada.jpg
松下村塾門下生

(左)品川弥二郎
 天保14年~明治33年(1843~1900)
足軽の子として生まれ、松下村塾には15歳の時入塾。松陰が亡くなった後も塾の勉強会メンバーで、のち攘夷血盟に加わり、英国公使館焼討ちや蛤御門の変などに参加した。明治維新後は政府高官となってヨーロッパ諸国に滞在。外交方面で活躍し、内務大臣などを務めた。

(右)山田顕義
 天保15年~明治25年(1844~1892)
武士の長男として生まれ、14歳の時に松下村塾に入塾。村塾の一燈銭申合や攘夷血盟のメンバーで、当時外国と日本が結んだ不平等な条約に強く反対し、尊王攘夷に参加した。明治維新後は司法大臣を務め、また日本大学、国学院大学を創設し、教育者松陰の遺志を実現した。

※一燈銭申合(いっとうせんもうしあわせ)...いざというときに江戸や京都に進出するための資金をつくる目的で作られた会。久坂玄瑞や山県有朋など10数人が参加。松陰が書き残した「講孟余話(こうもうよわ)」の写本をつくって売り、お金を積み立てようというもの。この会の発足は、松下村塾生の団結心を固めるきっかけになった。


萩市 松陰記念館前
天野清三郎と野村靖
amano_nomura.jpg
松下村塾門下生

(左)天野清三郎
 天保14年~昭和14年(1843~1939)
武士の家に生まれ、16歳で松下村塾に入る。塾に寝泊りして学び、松陰はその学識を高く評価していた。のちに長州藩の海軍所に入り、馬関戦争や奇兵隊創設にも参加。明治維新後は長崎造船所の創設に貢献し、また松陰門下生の中で最も長命で、97歳まで生きた。

(右)野村靖(和作)
 天保13年~明治42年(1842~1909)
足軽の子として生まれる。16歳の時に兄の入江九一とともに松下村塾に入塾。松陰が最も信頼する門下生の一人だった。松陰没後は、京都や江戸で村塾グループの尊皇攘夷運動に参加し、四境戦争や戊辰戦争で各地を転戦した。維新後は政府高官となり、内務大臣を務めた。


萩市 松陰記念館前
高杉晋作
takasugi_d1.jpg
幕末に尊王攘夷の志士として活躍

天保10年8月20日(1839年9月27日)- 慶應3年4月14日(1867年5月17日)。長州藩藩士。現在の萩市に生まれ、松下村塾で学ぶ。奇兵隊など諸隊を創設し、長州藩を倒幕に方向付けた。萩市には今も生家が残る。


下関市 日和山公園 陶像(上)
takasugi_kouzan.jpgtakasugi_toko.jpg


下関市 功山寺 挙兵像(中左)                下関市 東行庵(中右)


takasugi_hiroba.jpg
萩市 晋作広場(下)
おいでませ山口国体 やまぐちNAVI

夢追い人バックナンバー

高杉・松陰・久坂
[銅像になった人物]

高杉・松陰・久坂
松下村塾主宰者とその門下生 (左)高杉晋作  天保10年~慶応3年(18
山県・木戸・伊藤
[銅像になった人物]

山県・木戸・伊藤
松下村塾門下生 (左)山県有朋  天保9年~大正11年(1838~192
品川弥二郎と山田顕義
[銅像になった人物]

品川弥二郎と山田顕義
松下村塾門下生 (左)品川弥二郎  天保14年~明治33年(1843~1
天野清三郎と野村靖
[銅像になった人物]

天野清三郎と野村靖
松下村塾門下生 (左)天野清三郎  天保14年~昭和14年(1843~
高杉晋作
[銅像になった人物]

高杉晋作
幕末に尊王攘夷の志士として活躍天保10年8月20日(1839年9月27日)

©2004-2011 Produesd by Promotion-eyes Ltd., ALL Rights Reserved.